大きくする 標準 小さくする

神宮奉納第26回日本少年野球三重大会で準優勝!伊勢遠征大成功!

2017/08/20

神宮奉納第26回日本少年野球小学生三重大会で、稲沢中央ボーイズは準優勝となりました。東海地区、関西地区から総勢15チームが伊勢市内に集まり、8月19.20日(土・日)の二日間で4試合を戦いました。稲沢中央ボーイズは、全ての試合をダイムスタジアム(伊勢市倉田山公園野球場)で行うことができました。全面人工芝で、バックスクリーンの電光掲示板には名前が掲示され、大きなスタジアムにアナウンスが響き渡ります。小学生には少し贅沢すぎるかもしれませんが、夏休みに野球の練習を頑張ってきたご褒美にもなりました。稲沢中央ボーイズは、豊橋ボーイズさん、三重伊勢ボーイズさん、東海ボーイズさんに勝ち、見事に決勝戦まで勝ち上がります。惜しくも決勝では四日市ボーイズさんに敗れましたが、一時6点差をつけられながら、最終的には1点差まで追い上げる粘りをみせました。試合への出場機会が多い六年生は、ベンチを盛り上げてくれたり、しっかりとベンチワークをしてくれた下級生たちに感謝しましょう。さて、試合以外にも楽しみいっぱいの伊勢遠征になりました。ホテルの大浴場ではみんなで疲れを癒し、美味しい食事をして、帰りにはサービスエリアでお土産も買いました。洗濯や運転など、父母の皆さんもお疲れ様でした。最後まで勝ち残ってくれた子供たちにも感謝して、また次の大会また頑張りましょう。

なお、この素晴らしい大会の運営にあたっていただいた三重県支部の三重伊勢ボーイズさん、津ボーイズさん、四日市ボーイズさんの皆さんにあらためて、感謝を申し上げます。

さて、稲沢中央ボーイズでは、まだまだ団生を募集中です。お気軽にご連絡いただき、東海大橋専用球場までご見学にきてくださいね。次のスターはあなたですよ!