大きくする 標準 小さくする

行ってきました関西遠征! 全国レベルの戦いを経験!

2017/01/30

1月28日・29日、子供たちが楽しみにしていた関西遠征に行ってきました。インフルエンザも流行しているこの季節。しかし、稲沢中央ボーイズのメンバーは体が強い。全員参加で予定通りの遠征となりました。

1月28日の早朝に出発し、まずは奈良県の香芝ボーイズさんの専用グランドへ。香芝ボーイズさんは夏の全国大会準優勝チーム、さらに3月に東京で開幕する春の全国大会出場権をすでに獲得されています。まさに相手にとって不足なし。全国のレベルに稲沢中央ボーイズがどこまで通用するのか、スタッフも父母たちもワクワクしながらこの日を迎えました。ぽかぽか陽気で絶好のコンディションの中、当初の予定を上回る4試合を行いました。試合結果だけをみると、ほぼ互角の内容。しかしもちろん、細かい牽制や隙のない走塁など、見習うべき点は多々ありました。わずかなミスが全国の舞台では試合を大きく左右します。香芝ボーイズさんの底力をしっかりと感じることができました。また、お昼にはおいしいうどんをいただきました。関西風味の抜群のダシは、身も心も温めてくれました。香芝ボーイズのみなさん、本当にありがとうございました。

その後、大阪市内に全員で移動。宿舎は甲子園球児が利用するホテルです。ロビーにはたくさんの記念品が所狭しと並んでいました。子供たちは明日の試合に備えて早めに就寝。大人たちは真面目に社会見学など・・・。

さて、翌朝は関西地区でも有数の野球場である豊中ローズ球場へ。この舞台を用意してくださったのは、大阪地区屈指の強豪チーム、茨木ナニワボーイズさんです。実は2年前の春の全国大会、我々は茨木ナニワボーイズさんと対戦しているんです。その時には0対1で惜敗しました。そのまま茨木ナニワボーイズさんは全国大会決勝の舞台へ。しかしそれがご縁で毎年、交流していただいています。今回の関西遠征でも温かく出迎えていただきました。さて、試合はレギュラー(6年生中心)、ジュニア(5年生中心)、ジュニジュニ(4年生以下)で、なんと合計5試合も実施。美しい野球場で、とても貴重な経験をさせていただきました。試合もやはりほぼ互角の内容で進みました。お昼にはカレーライスをご馳走になり、バックネット裏でおいしくいただきました。茨木ナニワボーイズの皆さん、この春、そして次の夏も全国の舞台で再会しましょう。今回は本当にありがとうございました。

今回の関西遠征では、関西ブロックを代表する2チームの胸をかりることができました。しかし我々も中日本ブロックの優勝チームです。恥ずかしい試合は絶対にできませんでした。ここで勉強したことを必ず来月の東邦ガス旗争奪全国春季大会予選にぶつけよう。そして、次は東京でこの2チームと対戦できるように準備をしていこう。お世話になった両チームの皆さん、宿泊させていただいたホテルの皆さん、ずっと指導してくれている監督やコーチ、大量のユニフォームを洗濯してくれるお母さん、長時間の運転や審判をしてくれたお父さん、君たちはみんなに支えられて楽しい遠征を経験できた。この最大の恩返しは、次の大会で優勝することだぞ!夢は大きく持て!絶対に全国制覇するんだ!負けて泣くなよ、勝って泣け!頑張れ稲沢中央ボーイズ!


201701301956_1-620x350.jpg