大きくする 標準 小さくする

試合情報一覧

トーナメント/試合形式 日付 対戦相手 試合結果 試合会場
第22回スポーツニッポン旗争奪東海大会 準決勝 2017/04/15  vs 岐阜ボーイズ ○ 14-0 東海大橋グランド
第47回日本少年野球春季全国大会 準々決勝 2017/03/29  vs 広島ボーイズ ● 3-10 富津ふれあい公園野球場
第47回日本少年野球春季全国大会 一回戦 2017/03/28  vs 大阪八尾ボーイズ ○ 6-2 富津ふれあい公園野球場
第24回東邦ガス旗争奪大会兼第47回日本少年野球春季大会支部予選 決勝 2017/03/04  vs 春日井ボーイズ ○ 6-4 東邦ガス空見球場
第24回東邦ガス旗争奪大会兼第47回日本少年野球春季大会支部予選 準決勝 2017/02/25  vs 中京ボーイズ ○ 4-3 熱田球場
第36回日本少年野球小学生ジュニア大会 決勝戦 2016/12/03  vs 四日市ボーイズ ○ 3-0 四日市ボーイズグランド
第36回日本少年野球小学生ジュニア大会 準決勝戦 2016/12/03  vs 中京ボーイズ ○ 9-0 四日市ボーイズグランド
第36回日本少年野球小学生ジュニア大会 一回戦 2016/11/23  vs 三重伊勢ボーイズ ○ 26-0 豊里球場
第16回日本少年野球奈良万葉大会 二回戦 2016/11/12  vs 中百舌鳥ボーイズ ● 8-9 奈良葛城ボーイズ福神専用グランド
第16回日本少年野球奈良万葉大会 一回戦 2016/11/06  vs 滋賀大津ボーイズ ○ 11-4 奈良葛城ボーイズ福神専用グランド
第8回野球小僧杯全国大会 決勝戦 2016/10/23  vs 豊川北ボーイズ ○ 9-1 三河緑地内臨海野球場
中日スポーツ杯第11回中日本ブロック選抜大会 決勝戦 2016/10/23  vs 四日市ボーイズ ○ 2-1 豊橋ボーイズ明海グランド
第8回野球小僧杯全国大会 準決勝戦 2016/10/23  vs 愛知豊橋ボーイズ ○ 9-0 三河緑地内臨海野球場
第8回野球小僧杯全国大会 一回戦 2016/10/23  vs 津ボーイズ ○ 5-4 三河緑地内臨海野球場
中日スポーツ杯第11回中日本ブロック選抜大会 準決勝戦 2016/10/22  vs 豊川ボーイズ ○ 4-3 豊橋ボーイズ明海グランド
第33回CTV旗争奪一宮大会 二回戦 2016/10/15  vs 四日市ボーイズ ● 3-5 一宮市営球場
第33回CTV旗争奪一宮大会 一回戦 2016/10/10  vs 岡崎葵ボーイズ ○ 5-2 志段味グランド
中日スポーツ杯第11回中日本ブロック選抜大会 三回戦 2016/10/09  vs 津ボーイズ ○ 7-0 岡崎市民球場
中日スポーツ杯第11回中日本ブロック選抜大会 二回戦 2016/10/02  vs 小坂井ボーイズ ○ 4-3 岡崎市民球場
第23回日本少年野球毎日新聞旗争奪東海大会 準決勝戦 2016/09/03  vs 東海ボーイズ ● 6-7 東海大橋グランド
※試合の予定が決まり次第、順次追加します。

第22回スポーツニッポン旗争奪東海大会 準決勝 試合結果

  2017-04-15 第22回スポーツニッポン旗争奪東海大会  東海大橋グランド  
稲沢中央ボーイズ
中堅手 海地(6)
二塁手 好彦(6)
遊撃手 幸太郎(6)
一塁手 智彦(6)
捕手 凌大(6)
三塁手 仙(6)
左翼手 徹志(6)
投手 夢翔(6)
右翼手 大翔(6)
  祐斗(6)
  瑠綺也(6)
  陸斗(5)
  悠之介(4)
  天斗(4)
  憲伸(4)
  海弥(3)
  周平(3)
  光樹(2)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
稲沢中央ボーイズ 4 6 3 1 14 13 0
岐阜ボーイズ 0 0 0 0 0 4 2

稲沢中央ボーイズ 夢翔・祐斗 - 凌大
岐阜ボーイズ  - 
本塁打
三塁打 海地、幸太郎、智彦(稲沢中央ボーイズ)
二塁打 幸太郎×2、凌大、海地×2、智彦、仙(稲沢中央ボーイズ)
岐阜ボーイズ

UNPIRE
CH
1B
2B
3B
L
R

第22回スポーツニッポン旗争奪東海大会の準決勝。春の全国大会出場により、特別シード枠に入っている稲沢中央ボーイズがいよいよ登場する。実は開会式が、全国大会(東京)から戻って二日後という、超過密スケジュールで今大会に突入した。さらに、新チームとして初めて挑む大会。全国大会出場チームとして、さらに今大会の前年度優勝チームとして、大変注目されているが、まさにぶっつけ本番である。ところが、大会初日から悪天候により、なかなか試合が消化されない。グランド当番校として、最大限の努力をしてきたが、4月15日が稲沢中央ボーイズ新チームの初戦となった。相手は好投手を擁し、さらに力強い打線で勝ち上がってきた岐阜ボーイズさん。新チームキャプテン徹志が先攻を選択し、いよいよプレーボール。まずは初回、いきなり先頭海地がセンターオーバーにスリーベースヒット。さらに幸太郎のタイムリーツーベース、智彦の四球をはさみ、凌大が公式戦初ヒットとなる右中間タイムリーツーベースヒット、そして仙もレフトへの犠牲フライで続き、この回幸先よく4点を先制する。稲沢中央ボーイズ新チーム大事な初戦の先発ピッチャーは夢翔。緊張感の漂う役割だが、ストライク先行のナイスピッチング。少ない球数でテンポよく岐阜ボーイズさんを抑えていく。その好投に打線もさらに応える。二回表、夢翔、大翔が連続死球でチャンスメイク。ここで海地がタイムリーツーベースヒット、好彦の四球を挟み、幸太郎のタイムリーヒット、さらに智彦の右中間ツーベースヒットなどで大量6点を奪う。3回表には、瑠綺也が俊足を活かし内野安打で出塁し、海地、幸太郎の連続タイムリーツーベースヒット、智彦もタイムリースリーベースヒットで続き、3点を追加。四回表は、仙のツーベースヒットの後、陸斗の内野安打でチャンスメイク。この後、悠之介がうまくゴロを転がし、追加点。最終回はリリーフの祐斗が登板。危なげないピッチングで見事に四回コールドゲームとして勝利をおさめた。この後、すぐに東海ボーイズさんとの決勝戦が行われたが、一回裏の攻撃中、雷雨にみまわれ、残念ながらノーゲームに。大会日程上、両チームダブル優勝という結果になった。稲沢中央ボーイズはこれで二連覇を達成。後日スポーツニッポン紙で大きくとりあげられるだろう。5月のGW期間には、非公式ながらこの決勝戦の決着をつめるべく両チームで交渉中である。さて、次の大会は中日本読売大会である。祝勝会でキャプテン徹志は「全大会優勝を目指す」と力強く宣言した。もちろん、簡単ではないが、だからこそ必死になって夢中になって今後の練習に取り組んでほしい。退団した先輩からの熱い魂を引き継ぎ、新チームも頑張ろう、稲沢中央ボーイズ!