大きくする 標準 小さくする

第24回毎日新聞旗争奪東海大会 決勝 試合結果

  2017-09-09 第24回毎日新聞旗争奪東海大会  東海大橋グランド  
稲沢中央ボーイズ
中堅手 海地(6)
二塁手 好彦(6)
遊撃手 恒斉(6)
三塁手 幸太郎(6)
捕手 智彦(6)
右翼手 祐斗(6)
投手 凌大(6)
左翼手 仙(6)
一塁手 大翔(6)
  瑠綺也(6)
  徹志(6)
  夢翔(6)
  陸斗(5)
  悠之介(4)
  天斗(4)
  憲伸(4)
  悠華(4)
  駿大(4)
  海弥(3)
  周平(3)
  凌太朗(3)
  光樹(2)
  登有(2)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
東海ボーイズ 0 4 2 1 1 3 11 15 0
稲沢中央ボーイズ 3 0 0 0 0 0 3 9 0

稲沢中央ボーイズ 凌大、夢翔、祐斗、恒斉 - 智彦
東海ボーイズ  - 
本塁打 幸太郎(稲沢中央ボーイズ)
三塁打
二塁打
東海ボーイズ

UNPIRE
CH
1B
2B
3B
L
R

第24回毎日新聞旗争奪東海大会の決勝戦は、強豪東海ボーイズさんとの戦いとなった。新チームとなり、今回で四度目の対戦となる。最初の対戦は四月のスポニチ旗争奪東海大会の決勝戦。この時は2対2のまま雨天中止となり、史上初の両チーム優勝という結果であった。二度目の対戦は、六月のSSK旗争奪東海大会の決勝戦。この時は東海ボーイズさんに軍配があがった。三度目の対戦は、八月の伊勢神宮三重大会の準決勝戦。ここでは稲沢中央ボーイズ打線が爆発してリベンジを果たした。ここまで、1勝1敗1引分。この大会の決勝戦で対戦することも、もはや宿命であったといってよい。午後1時すぎにプレーボール。一回表東海ボーイズさんの攻撃は、決勝戦の先発を任された凌大がベンチの期待に応え、わずか7球で三者凡退にうちとる。その裏、稲沢中央ボーイズは先頭海地が内野安打で出塁し、続く好彦もセーフティーバントを成功させる。このチャンスに頼れる四番幸太郎は、ライトフェンスを大きく超えていくスリーランホームランを放つ。ところが二回以降は、試合の流れが一気に東海ボーイズさんに移っていく。稲沢中央ボーイズの投手陣はボールが先行し、守備陣は球際に弱く、打撃陣は簡単にフライを打ち上げる。これでは試合の流れは変わらない。三週間前には16対2で快勝した相手に、今度は3対11で敗れる結果に。同じメンバーで戦っているのに、やはり野球というスポーツは勢いや流れが重要だ。この後の大会でも、お互いに勝ち上がれば必ず対戦することになる東海ボーイズさん。こういう好敵手が存在するからこそ、翌日からの練習にも力がはいる。本当にありがたい。これからも切磋琢磨して、お互いにもっと高いレベルで次戦を迎えたい。次の公式戦は中日スポーツ杯争奪中日本大会となる。ここには愛知県東支部や三重県、岐阜県からも強豪チームが参加する。さらに我々にはこの大会での二連覇がかかる。優勝して来年につなげよう。頑張ろう稲沢中央ボーイズ!